ページ上へボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

専門サプリ推奨理由

効果が認められている認知症専門サプリを服用して健康的な生活を送る中高年夫婦

認知症予防に専用サプリメントをお奨めする理由は、ズバリ効果が認められているからです。

厚生労働省でも「適切な食事と併せて有効なサプリメントで、脳機能の維持に必要な栄養素の補助をすること」を推奨していますし、脳神経の病院では「物忘れ外来」と共に「サプリメント外来」も開設している所も増えてきました。

女医イメージ

そんな事例を踏まえて、どうして認知症の予防にサプリメントが有効なのかをご説明したいと思います。

年齢に勝つために

脳機能に限らず人間の生体機能は加齢と共に全体的に低下していくのが自然の摂理です。

視覚

見る機能が低下するため手元が見えにくくなったり、物を見るために多くの光を必要とするなど加齢による目の老化現象を徐々に自覚するようになります。

※注意したいこと:白内障、緑内障、ドライアイなど

聴覚

加齢と共にある一定の音域が聞こえ難くなるという症状が現れてきます。
特に、高い音に対しての反応が鈍くなるため女性や子供の声に対して、反応が鈍くなると言われています。

※注意したいこと:老人性難聴、また会話が噛み合わないことで認知症を周囲に疑われるなど

嗅覚

匂いを嗅ぐという能力が老化してゆくのは、加齢による自然な老化現象の中では最も遅いと言われています。
なぜなら嗅覚に関係する神経は、ダメージに晒されやすい代わりに再生能力が発達している神経だからです。

※注意したいこと:蓄膿症、ドライノーズなど

味覚

平均的に50歳代に入ると味覚に変化が起こることが分かってきました。
主に塩分と甘味を感じ難くなっていく傾向にあるので、調理には長年の勘よりも計量スプーンを使うなどして塩分や糖分の過剰摂取を防ぎましょう。

※注意したいこと:糖尿病、高血圧、ドライマウスなど

触覚

皮膚に弾力を持たせるコラーゲンやエラスチンなどの物質を生成し難くなるため、皮膚そのものが脆くなります。
反面、末梢神経が鈍くなるため、暑さや寒さ痛みなどを感じ難くなってしまいます。

※注意したいこと:熱射病、脱水症状など

女医イメージ

このように加齢による衰えは誰にも遅かれ早かれやってくるものですが、これらの老化現象は日々の運動や食事で遅らせることができることが分かっています。

脳機能とサプリメント

年齢と共に老化するのは、内臓機能免疫機能も同じです。

中でも消化器系が老化してくるとどんなに素晴らしい献立内容であっても、その食材から必要な栄養素を体内に取り入れることが難しくなってしまいます。

つまり、誰が見ても「バランスの良い食事だね」と言われるような食卓でも、食べている本人がその食材からの恩恵に与れないのであればそれはバランスの良い食事にはなりませんよね。

そこに、医師や政府が先陣を切って「サプリメントで栄養を補いましょう」と推し進める大きな理由があるのです。

しかも脳機能は、身体のどの部分よりも若々しくありたい機能だと言えるでしょう。

女医イメージ

そのためには毎日の運動と食事、そして認知症予防ができる専用のサプリメントで集中的なケアをしていくことを改めてお奨めします。