ページ上へボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

ココナッツオイル

認知症予防にいいココナッツオイル

ココナッツオイルは認知症に効く食材として様々なメディアで取り上げられています。

某調査機関によるとアルツハイマー患者200人で調査をした所、毎日スプーン1杯のココナッツオイルを摂取した所、9割の方が何かしらの効果を実感したと答えたデータがあります。

さらに注目すべきはその効果で、脳が活性化された効果だけではなく、段差を楽に登れるようになったなど体力面の回復効果も多く寄せられました。

ココナッツオイルはなぜ認知症やアルツハイマーに良いのか?その理由を解説します。

アルツハイマーの原因とケトン体

ココナッツオイルは特にアルツハイマー型の認知症に効果があると言われています。

アルツハイマーは、ブドウ糖がうまく脳に送られなくなってしまう病気です。

ブドウ糖は脳に欠かせない栄養素で不足すると、どんどん脳細胞が壊されていってしまいます。

アルツハイマーはブドウ糖が不足しているのではなく、送られなくなってしまうため治すのが難しい病気です。

しかし、ブドウ糖がなくてもココナッツオイルに含まれるケトン体という成分がブドウ糖と同等の効果があり脳の栄養となる事が分かりました。

まだその全貌が医学的に解明された訳ではありませんが、ブドウ糖に変わる脳のエネルギーとしてケトン体は様々な機関が研究を続けています。

認知症患者の実験結果を見れば、ケトン体は大きな効果を期待できると断言できるでしょう。

ココナッツオイル治療の注意点

ココナッツオイルは高い効果が出る検証結果がありますが、誰でも気軽に治療を始められる訳ではありません。

ココナッツオイル自体は安価で簡単に手に入ります。
1瓶で千円~2千円程度で売られているのでコストパフォーマンスも高いです。

ただし、注意しなければいけないのが肝臓疾患がある人は、逆に健康を害するリスクがある事です。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれていて、それが体内でケトン体へと変わります。

中鎖脂肪酸は肝臓で分解されてケトン体へと変わるのですが、肝機能が低下して処理しきれないと、そのまま肝臓内に脂肪が溜まってて脂肪肝の原因になります。

そのため、肝臓機能の低下が気になる方や疾患がある人は他の治療法を探すようにしましょう。

気になる場合は、健康診断で数値を確かめたり医師の指導の元でココナッツオイルを摂取するようにしましょう。

認知症やアルツハイマー患者の大半は高齢者で肝機能が弱っている人が多いため、限られた人にしか適しません。

様々な予防方法

女医イメージ

あなたは健康に生きるために特に気にして毎日やっていることはありますか?脳は日々の刺激によって活性化されるのです!