ページ上へボタン
▼メニューへ
フッターメニューへスクロールするボタン

認知症の定義とは?

認知症のリハビリを行う介護士の女性

高齢化が進んだことで現在、認知症という言葉が極日常的に使われるようになりました。
またそれに伴い、自分が「認知症ではないだろうか」または家族が「認知症になったらどうしよう」という不安も、残念ながら身近に感じるものとなっているようです。

では、認知症とは一体どのようなものなのか、その定義とは何なのかと問われると曖昧な認識に留まっていませんか?

女医イメージ

正しい予防をするためにも、ここでは知っているようで実は知らない人が多い認知症とその定義について分かりやすくまとめてみました。

認知症とは?

認知症の定義

後天的疾患であること

何らかの脳障害により、継続的に症状が続いていること

記憶力や認知力が低下することで日常生活に支障をきたしていると客観的に認められること

女医イメージ

つまり、認知症の定義とは「多数の高次脳機能障害からなる症候群」と要約することができるでしょう。

たとえば、先天的な原因に因り脳機能に障害がある人や、単発かつ短期的に何らかの原因で記憶障害が起きた場合などは、認知症の定義から外されます。

また、うっかりや物忘れといった加齢による自然的な脳機能の低下も、厳密に言うと認知症には含まれません。

認知症が疑われる事例

認知症へ進行する前段階には、「中核症状」というものがあります。

中核症状とは?

忘れたことを忘れてしまう→記憶障害

時間に合わせた行動が取れなくなる→見当識障害

新しいことが覚えられなくなる→理解・判断力障害

同じものを何個も買ってきてしまう→実行機能障害

喜怒哀楽の表れが周囲と違ってくる→感情表現の変化

これらに、その人が本来持っている気質や取り巻く環境によって変化が個々に違ってくるので、認知症の初期は人それぞれの現れ方になります。

怒りっぽくなったり元気がなくなり外出が億劫になるなど、一見「加齢による変化」と勘違いしやすい症状と重なる部分が多いので、自他ともに見分けが困難ともいえるでしょう。

また、認知症を患うと周囲の状況が上手く理解できなくなるため、うつ状態に似た症状を発症する割合が高いという報告も出ています。

一方で、老化による物忘れや反射の遅れは、誰もが加齢と共に現れる症状なので「病気」とは定義されていません。

とはいえ、認知症の定義はともあれ、以前できたことが徐々にできなくなるとやはり不安ですし、自信も失われてしまいますよね。

女医イメージ

そんな不安に陥る前に、脳の老化や認知症予防の対策を早めに取ることをお勧めします。